SIer関連メモ書き

SIer関連のメモ書きをしておきます。お客様向けも、業界人向けも、ごっちゃまぜ。

ITサービスで売れるものを作るのは簡単

受託の会社が調達せずに自社サービスを立ち上げ事業として成立するまでの企画・開発・サポート・マーケティング

このスライドが、なかなか良かった。

弊社も似たようなことをしているので、非常に共感できる。

私もSIerがプロダクト開発に乗り出す際に重要な点をブログにしておく。

最初に断っておくが、自社の経験と、私の知ってる他社事例だけで書いてるので、必ずしも正しいわけではない。

 

1.売れるサービスをつくるのは簡単

少数のお客様相手に、売れるサービスを作るのは簡単。

その少数の声を聞いて、欲しいという通りに作るだけ。

受託開発にかなり近い。

たぶん、コンシューマー向けであっても一緒。

数名の「この機能があって300円なら使いたい」みたいなニーズを聞いて、作るだけ。

100発100中とまではいかないが、かなりの確率で売れる。

 

2.思ったより売れる

一定数売れたサービスは思ったよりも売れる。

SNS、ブログなどで宣伝したり、少額でも広告を打てば、必ず反応があるし、意外と買ってくれる。

世間は広いな、と。

 

3.継続的な黒字化は難しい

そりゃそうだ。

営業頑張るか、マーケティング頑張るか、何かしら頑張るしかない。

少数売れてるのだから、ニーズはあるはず。

「長くやってる」と言うことも評価されるので、頑張り続ければ何とかなるケースもある。

ここを耐える体力は必要。

 

4.黒字化してからも大変

黒字化できる程度に売れだすと、サポートや既存バグに悩まされる。

既存の大きい競合に目をつけられたり、新規競合も出てくる。

どんなに差別化しても、その差は長続きしない。

 

と言うわけで、作るば意外と売れるし、頑張ればなんとかなる。

SESや、受託開発しかやってないSIerさんは、是非自社プロダクトに挑戦して欲しい。